腹筋運動のダイエット効果

古典的なダイエット方法として、腹筋運動というものがあります。毎晩就寝前に100回腹筋とか、男性を中心にいまだによく行われているようですね。また、お腹に貼って電源を入れることで、低周波が腹筋を動かすというダイエットマシーンもよく売られています。テレビを見ながら、だらっとしたままでも腹筋ができる、という触れ込みの商品です。ただ、腹筋をいくら鍛えても、ダイエットには繋がらない可能性があります。腹筋運動で鍛えられるのは当然腹筋です。筋肉がついてくれば、垂れ下がったお腹は引き締まって見えますが、しかしこれが痩せたとか、ダイエット成功だとかいうと、やはり語弊があると思います。例えは、力士やプロレスラーのお腹を想像して欲しいのですが、彼らのお腹には驚くレベルの筋肉がついています。しかし、とてもそう見えないのは、その上にさらにたっぷりの皮下脂肪がついているためです。この皮下脂肪は、ウエイトを上げて攻防両面での優位性を築いたり、脂肪そのものを鎧のように使うという目的があるわけですが、ダイエットの目線で言うのなら、やはり不要な脂肪です。一般人も同じことで、つまり、筋肉だけつけてもダイエットにはならないのです。

満腹感の得られるダイエットフードを選ぼう

ダイエットフードは痩せたい人にとって、非常に重要な存在です。ダイエット期間中であっても絶食するわけにはいきませんが、好きなものを好きなように食べていても痩せることは難しいです。食事がストレスになると、ダイエットはたいがい失敗しますし、ひどい場合はリバウンドの原因にもなります。身体にも心にも優しいダイエットフードを選ぶことがポイントです。市販のダイエットフードはたいがいがローカロリーを売りにしています。「一食をこれに置き換えれば痩せられる」という触れ込みですが、ただ、満腹感が得られないものが多いので、実際問題、なかなか置き換えることが難しいのです。特に粘度の低いドリンクタイプのものは、感覚的には水を飲んでいるのとさほど変わらないうえ、味わいもさっぱりしているので、食事と言われてもピンときません。それが10日分などの単位で売られているのだから、「10日ぶん飲んで満足、痩せた気になる」というパターンに陥りやすいわけです。こうならないように、ダイエットフードはなるべく固形で食べ応えのあるものがいいでしょう。ブロックタイプの市販品や、キャベツのほか、長く食べられるビーフジャーキーやスルメもオススメです。

 

闇金相談
http://xn--5m4az1f.cc/